MHWIB 納刀術は強スキル!?

3/23に、「猛り爆ぜるブラキディオス」「激昂したラージャン」が追加されました

戦闘してて思ったこと

『連続攻撃がきつい!!』

昔のモンスターハンターは、「攻撃を避けたら攻撃」が基本的な動きでした

大剣で言えば、抜刀攻撃→納刀離脱を繰り返す立ち回り

ランスでは、ガード性能をしっかり積んでいれば、落ち着いてガードしながら、敵の攻撃が止むのを待てばいい

しかし今回追加された2種類のモンスターは明かに違います

ランスでガードしていると、例えガード性能5を付けていても、ノックバックしてしまう、ガード硬直の発生、削りダメージを喰らう。

ランスを担ぐハンターにとっては、なかなか苦戦を強いられる状況になってきました

それを解決するべく、色々と試し、自分が考えた結果がこの立ち回り

ランスは、「納刀術」をつけよう!

そう、「納刀術」です

ガードだけでは、モンスターの攻撃を捌くには辛い場面も出てきました

ガードで凌ぎ、モンスターの大きな隙を待つ。という動きはもう時代遅れなのでしょう。

ランスは、納刀に非常に時間がかかる武器ですので、回復しようと納刀している間に攻撃されてしまい、死んでしまうということが多々あります

納刀術を採用することで、納刀時の大きな隙を無くします

実践してみた結果、「非常に使いやすい!!」

さらに安定したいなら、「早食い」

いくら、納刀が安定してできようと回復できなければ意味ありません

自分は今まで、早食いスキルをまともに使ったことがなく、闘技場ぐらいでした

しかし猛り爆ぜるブラキディオス、激昂したラージャンを相手に使ってみたところ

快適すぎる!!

回復の時間が減ることにより、回復が間に合わないことはもちろん。

回復をさっと短時間で済ませられるので、攻撃回数も増えました

納刀術も合わせれば、さらに無駄な時間をなくし、攻撃チャンスも増えていきます

 

ランス納刀という発想はしたことがなかったので、よいスキルに巡り合えたと思います

片手剣に納刀術、、、さすがにいらないよな、、、w

回避距離型の片手剣を、自分は神速型と呼んでいますが

納刀術・早食い・回避距離型は、超神速型でしょうかw

はい、面白そうなので作りますww

 

猛り爆ぜるブラキディオスや激昂したラージャンの攻撃が辛い!

と感じている方は、ぜひ納刀術と早食いをつけてみてください

世界が変わりますよ

 

それでは今日はこの辺で

よきゲームライフを